母乳という強みを風俗で生かす

母乳は一般に子供、赤ちゃんの飲み物として認識されている。栄養があり免疫力を高める物質が入っているとも言われ、その注目度は年々高まっているが、実は風俗の世界でも母乳への関心が高くなっている。

出産すると程なくして母乳が出るが、成長した子供が乳離れしたからと言って母乳がすぐに止まる訳ではない。かなりもったいない状況で、これを生かすために風俗嬢としてデビューするママが激増しているのだ。

若い女性に人気が集中しやすい性風俗だからこそ、母乳の価値は高くなる。当然、出産していない若い女性が母乳を出す事は出来ず、限られた少数の女性を男性が指名しあうという流れになる。

あるタレントが「いくつになっても甘えん坊」なんてギャグを言っていたが嬢からしたら、そんな男性を間近で見れるチャンスでもある。甘えたい男性と甘えさせたい女性の相性はバツグンなのだ。これまでは出会いの場が少なかったが、これからはもう悩まなくて良い。

出産したら女性は家庭へという流れは昔の考え方になった。いまや出産したら風俗へGOの時代である。母は子供の成長のために母乳を出し、さらには生活費を稼ぐために男性客にオッパイを吸わせる。これは、誰一人損をしない理想的なライフスタイルでもある。

母乳専門の風俗店について

今回は母乳専門の風俗店について書こうと思います。

母乳専門の風俗とは読んで字の如く母乳が出る母親の人とプレイができるという形態の風俗店です。この手の形態の風俗店は妊婦さんとのプレイも兼ねているお店が多いようです。

プレイ内容としては母乳を飲ませたり飛ばしてもらったりすることが主となっています。他には幼児プレイなども人気があるみたいですね。

しかしながら乳飲み子がいる中で風俗に出ていたら子供の授乳はどうするのだろうかと個人的には心配になってしまいました。とは言うものの母乳がどんな味がするのかという性的興奮の混じった知的好奇心を煽られるプレイ内容であることもまた事実といえるでしょう。

料金は他の通常のホテヘルタイプの風俗店と比較すると若干高めの料金設定になっています。やはり母乳が出る女性というのが少ないということもあるでしょうしそういった女性の体は他の女性の体よりもデリケートにできているという配慮からくるものではないかと思われます。

また、母親相手にプレイするという特性上熟女というジャンルと被るということもこの母乳専門風俗店の特徴ではないかと思います。

人間誰しも心の奥底の深層心理に幼児退行したいという願望を本能的に持っていると思うので一回行ってある価値はあるのかも知れませんね。

最高のテクニシャンの妊婦ヘルス

妊婦が在籍しているヘルスが大阪にあるというのを聞いて、先日大阪に出張したときに行ってきました。私が行った店には何人かの妊婦さんが在籍しているようでしたがこの日私が指名したのは30歳の妊婦さんで妊娠6ヶ月でした。
結構美人で感じの良い人で安心しました。仲良くホテルに入りしばらく雑談してから服を脱いでシャワーで体を洗ってもらいます。体の隅々まで洗ってもらいさっぱりしたところでベッドインです。

ベッドに行くと女の子が攻めてくれます。私の乳首を舐め始めだんだん下の方に下りていく頃には、アソコはすでに大きくなっていました。ここで私のアソコを咥えてフェラをしてくれます。
いやらしい音を立てながら舐め回してもらっているとだんだん気持ち良くなってきて「アッ、逝くッ」と思った瞬間ドピュット勢いよく発射して気持ちよくフィニッシュしました。

420261

この後はシャワーに行ってもう一度体を洗ってもらい終了、と思いきやもう一度その場でフェラをしてもらいもう一度勢いよく発射して終了しました。かなりのテクニシャンのようで大満足でした。
妊婦さんはあまり気持ちよくさせるとダメらしいので、攻めるのは控えめにしておいてあげるのがオススメです。

★PR★
母乳風俗裸乳房